トップ > プロ目線で解説!中古パソコンについて > CPUの種類とは?CPUの性能を確認

CPUの種類とは?
CPUの性能を確認

中古ノートパソコンを購入する際に、購入するものを選ぶポイントとして
大切なものの一つにCPUの性能があります。
CPUによって処理能力は全く変わってきてしまいますので、
購入前に確認することが必要です。
こちらではCPUの種類と性能についてまとめています。

あまりパソコンに詳しくない人にとってCPUという言葉は、あまり聞き馴染みのあるものではないかもしれません。
CPUとは人間でいう頭脳にあたるもので、演算処理を行う上で最も重要な部分とされています。
CPUの性能が高ければ高いほど難しい演算処理を速く行え、パソコンに搭載されているCPU次第で、パソコンの処理能力が大きく変わってきます。
そんな重要な役割のCPUにはどのような種類があるか解説していきます。

CPUにはどんな種類がある?

CPUには主にIntel製のものとAMD製のものがあります。
この2つの会社は世界的に見ても大きなシェアを占めている企業ですので、パソコンを選ぶ際にはこの2つのどちらかになることがほとんどです。
今はIntelのシェアが非常に大きくなっていますのでIntel製のCPUが搭載されているパソコンが多くあります。
AMD製のものはIntel製のものよりも性能が低いのですが、価格は安く抑えることが出来ますので、安さを重視する人には選ばれています。
Intel製のものはWindowsやMacなどお店で売られているパソコンに搭載されていることが多いので、メーカーのパソコンを購入すると、たいていはIntel製のものが搭載されていると思います。
Intel製のCPUにはCore i、Core 2、Pentium、Celeronといったブランドがあり、AMD製のCPUにはOpteron、FX、Fusion、Turion II Neo、Athlon Neoといったブランドがあります。
そしてそれぞれ世代ごとに枝分かれしており、性能や価格が変わってきます。

種類ごとの性能の違い

それではCPUの性能の違いについてご紹介いたします。
Atomは消費電力を最小限に抑えることを重視したCPUで、主にタブレット端末に搭載されています。
すでに開発は終了しているため、Atomを搭載しているパソコンは少なくなってきており、中古ノートパソコンでないと、なかなか見かけないかもしれません。CeleronはAtomよりは性能が良いです。
読み込みの速度はすごく速いものではありませんが、ネットの閲覧やエクセルやワードなどの利用は問題ないレベルです。
Pentiumは、1993年に登場し、かつては性能が良いCPUとして知られていましたが、現在では性能レベルは下の方になっています。
しかし価格は安いので安さを重視したいという方にはおすすめです。Core2Duoは、1つのCPUに2つのコアがあるマルチコアCPUです。コアが2つあるということは、同時作業が楽にこなせ、例えばネットしながら、他のソフトを動かしたりすることが出来ます。Corei3は低価格のパソコンで最も多く使用されているCPUです。
ワードやエクセルを主に使うという方は問題なく使用できますし、簡単なゲームはスムーズに楽しめます。
Corei5はCoreiシリーズのミドルスペックのものです。画像や動画の編集などを行う人におすすめです。
Corei7は現在販売されているものの中で非常に高速のCPUです。
複雑な動画編集やオンラインゲームなどをしても全く問題なく使用出来ます。このようにそれぞれ性能は全く違いますので、自分の利用の仕方にあったものを選ぶようにしましょう。

CPUでパソコンの性能が大きく変わる!

CPUはパソコンを使用するためには欠かすことの出来ないとても重要なものです。
そして搭載されているものの種類によってパソコン自体の性能が大きく変わってきます。
中古ノートパソコンを購入する際には、CPUの種類をきちんと確認して自分の利用の仕方を考えた上でスムーズに使用できるだけの性能があるかどうかを必ずチェックしておきましょう。
不必要に高い性能のものを選ぶ必要はありませんが、あまりにも性能の低いものを選んでしまうと実際に使い始めてからストレスを感じてしまうことになります。