トップ > プロ目線で解説!中古パソコンについて > HDDとSSDの違いとは?それぞれの性能を比較

HDDとSSDの違いとは?
それぞれの性能を比較

中古ノートパソコンを買うのなら、必ず知っておくべきHDDやSDDについて、
知っている人もそうではない人にもご理解いただけるように、
それぞれの内容と利点や弱点について分かりやすくご紹介していきます。

HDDやSDDって、ご存知でしょうか。
パソコンに詳しい方ならご存知と思いますが、中古ノートパソコンを購入しようと考えていらっしゃるお客様すべてに知っておいてほしいHDDやSDDについて、分かりやすく解説していきます。

HDDとは?またその利点・弱点とは?

HDDとは、Hard Disk Driveの略です。パソコンの内側に、プラッタという円盤が入っており、そこに磁気で様々な内容を書きこんだり読み取ったりしています。
パソコンを立ち上げると、何かが回転している音が聞こえますよね。それがHDDです。
このHDDの利点としては、SSDよりも大きなデータを保存することが可能な点です。また、SSDよりも安価であることが多いことも利点のひとつといえるでしょう。
しかし、弱点としては衝撃に弱いことが挙げられます。お仕事の出張などでノートパソコンを持ち運ぶとき、キャリーケースにパソコンを入れていたら使えなくなってしまった、というお話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これは、飛行機の振動などでHDDのプラッタが損傷してしまい、使用が不可能になってしまうからなんです。また、書き込みや読み取りをする際に、大きく電力を消費してしまうことも弱点のひとつとなっています。

SSDとは?またその利点・弱点とは?

では、次はSSDについてご紹介していきます。SSDとは、Solid State Driveの略で、HDDと同じように読み取りや書き込みなどを行う装置のことを指しています。
このSSDの大きな利点は、データ処理速度がHDDの約3倍になることや、音がしないことです。HDDでは、使用している際にプラッタの回転音がしますので、パソコンを使う際に音が気になる方には向きませんが、SSDはそのような音がすることはありません。
また、HDDよりも衝撃に強いので、持ち運びなどでも安心できますし、バッテリーも長く持ちますので消費電力も少なく済みます。
ただし、弱点として覚えておいてほしいことは、容量はまだまだ少ないということです。容量自体はHDDの方が多いので、大量の情報をやり取りしたりするお客様には向かないことがあります。また、価格もHDDに比べて高額になる事があるのも弱点のひとつとなってしまいます。

大容量ならHDD!データ処理速度ならSSD!

ここまで、HDDとSDDについてご紹介してきました。中古ノートパソコンを購入する際には気を付けてほしいポイントですので、しっかりチェックしてくださいね。HDDは安価で容量は大きいですが、衝撃に弱くバッテリーの消費も比較的早いことがあります。
SDDは、静音で使用することができ、衝撃にも強いのですが、新しい技術ということで高額なものもあり、容量も少なめです。購入を検討している商品がどちらなのか、確認を忘れないようにしてくださいね。